青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

HOME > 店長ブログ
株式会社北奥設備 店長ブログ
北奥設備 しあわせ工房店長 北向 秀幸
リフォームしあわせ工房 店長北向秀幸

お客様の立場に立って考える事。簡単な様で難しいです。お家のお困りごとを理解して、最後の最後まで考え抜き、手をつくす。この人と出会えて良かったと感じて頂き、一生のお付き合いができるよう心掛けています。

4年前の出来事 耐震化

4年前、皆さんはどこにいましたでしょうか。私はあの時、福島県須賀川市にいました。友人のリフォーム会社さんと合同で研修をしようという話になり、当社スタッフと共に福島について2時間くらいしてからでしょうか。震災に遭遇したのは。

あの時いた須賀川市は震度6強というとんでもない強い揺れの地域でした。
建築士としてそれまで耐震補強とかいろいろ勉強はして参りましたが、実際に震災が起きたとき、家はどのようになるのか、目の前で多くの事例を見ることが出来たのは、この仕事をするものとして貴重な経験であったと思います。

家で大事なことは、家そのものの耐震性能よりも、むしろ地盤であるとよくわかりました。
つまり、どんなに耐震性能を上げたとしても、地盤が被害を受けると、家そのものが機能しなくなるという事です。地盤が崩壊してしまうと、家そのものを支えきれなくなり、家が傾く、折れて壁にひびが入る、など起きてきます。

そしてこういう言い方は不謹慎かもしれませんが、「思ったほど家は倒壊しないものだ」というのも実感でした。つまり築年数がかなりたった家でも、地盤が安定している限り、倒れるとか崩れると言った被害は無かったのです。

震度6強の激しい須賀川市でさえ、木造家屋の構造的な弱さでの倒壊被害は無かったのです。地盤が崩壊し家が傾くと言うのは多くありましたが、家は傾いたり折れたりしながら持ちこたえていました。この経験で、耐震補強は地盤が安定してこそ効果を発揮する、というのがわかりました。

言い方を変えれば、建物はまず地盤、そしてそこに立つ基礎が一番重要な部分である、という見方をするようになりました。以前シロアリ調査で床下に潜っている日記も書きましたが、普段は見えない床下の状況については、湿気や耐震化の点で非常に重要な部分であるというのが今の私たちの考え方です。

もし家全体のリフォームをお考えの方がおられましたら、床下、にも目を向けて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボイラー(給湯器)研修会

昨日はノーリツ様のご協力で、リフォーム部門単独での社内研修会を開催しました。内容はボイラー(給湯器)についての知識習得です。
写真 2015-03-09 15 33 54ノーリツの社員様に研修講師をお願いしたところ快く引き受けてくださいました。
今の時期はまだリフォームシーズンの少し前になりますので、こういった研修会も今のうちにやっておけます。
やはり最新の製品状況はどうなっているのか知っておかないと、ボイラーのお問い合わせがあった際に提案の幅が狭まることになります。
たとえば、エコフィールという高効率型ボイラーは、エコポイント制度なども絡めるとどういったお客様におすすめしたら喜んでいただけるのか?とか。

だいぶ勉強になったようです。

 

バリアフリーリフォームのヒアリングで気をつけること

バリアフリーリフォーム工事のヒアリングにお客様の家をお伺いすると、テレビの音がかなり大きく聞こえる場面に出会います。私は補聴器の専門家ではありませんから補聴器のお話は専門家にお任せするとして、耳の聞こえが遠いかな、と感じたお客様には、心がけて ゆっくり、 大きな声 声をあえて低くする(高い音は聞きづらい) 事でお話をするようにしています。 手すりの取り付けとは直接関係ないことと思われるかもしれませんが、耳が遠いお客様は、時にお話をするのを引っ込みがちになったりすることも考えられ、ご不便になっていることを全て打ち明けていただけない可能性もあります。 使われる方の状態や気持ちを考え、ヒアリングをする事が良いバリアフリーリフォームの条件です。 ちなみに友人はこのような機械を使っていますね。

声を増幅させる機械

声を増幅させる機械

 

人生を一緒に過ごす仲間として

弊社には青森支店があります。今日の午前中は、青森支店の担当役員である専務と青森支店の件で打ち合わせをしておりました。

青森支店の開設は30年以上前で、弊社の社長の弟が支店長として支店開設から長くやってくれていました。しかし昨年残念ながら亡くなり、その後青森支店の管理者として八戸の管理職スタッフが応援に行っていました。

その管理職スタッフも青森市に常駐してすでに1年。青森支店のもともとのスタッフが管理職として勤めていただくことになり、ただいま引き継ぎの準備中です。
私はIT化でバックアップを致します。

こういう場面でつくづく思うのは、社員さんをはじめとするスタッフと働くことは、人生の同じ時間を過ごしているんだよな、と言う気持ちです。

私も40代になり、人の縁というものがなんとなくわかる年になりました。
スタッフとの出会いも何かの縁。そして、当社で仕事人生を終える方もいらっしゃるわけです。(当社は創業40年を超えています)
その人の仕事人生を当社で過ごして頂くわけですから、その管理職をしている自分の責任の重さを感じる時もあります。
前支店長は、仕事人生だけではなく、人生そのものの最後まで支店長として全うしてくださいました。

最近、”流星ワゴン”と言うテレビドラマにはまっているのですが、
「悔いを残して死ぬのはとても辛い」と言う言葉がありました。

そこまで重く難しい話ではないにしても、
スタッフがこの会社での仕事人生を価値あるものとして過ごして頂く場であるようにしたい、と思いながら今回の青森支店の引き継ぎをお手伝いしたいと思います。

リフォームは心で

写真 2015-03-04 13 06 04

今日はパソコンソフトの研修会で県外に出張して不在にしておりました。

パソコンは昔から好きで社内の20台のパソコンの設定を自分でやっております。
また、お客様から「パソコンの設定がわからないから教えてくれないかな?」とか
「設定してほしいけど立ち寄ってもらえない?」と言ったご要望もしばしば。

もちろん無料でやらせてもらっています。
難しいものはともかく、たいてい今のパソコンは設定が簡単にできるようになっていますので、お客様も「プロに来てもらうほどじゃないんだけど・・・北向さん見て頂戴」

と言われれば喜んで行ってますよ。

会社全体では青森支店も入れると工事関係の仕事だけでも30人はいるので、社内の連絡事項はいろいろIT化しています。今回の研修会も新システムの導入の可否を判断するための研修会でした。

建設業界は職人さんが徐々に高齢化して引退されていく一方でなかなか若手のなり手が少ない(少子化も影響もありますが)ので、どうやって同じ人数で効率を上げるかと言えば、現場IT化は避けて通れないのだと思います。

とは言え、結局工事をするのは人の手。
IT化などやっても、結局は、
お客様の心で仕事をしてくれるかどうか、
「心」のこもった仕事を職人さんがしてもらえるようにする為にどうするか、
という視点が無いといけないと思っています。

 

リフォームが終わってからがお付き合いの始まり

おととい昨年冬に家全体のリフォームをさせて頂いたお客様の家に訪問して参りました。
建築されてから30年以上経っており、新築も考えていたようなのですが、家の立地上新築も難しいことと、わざわざ新築にしなくても、現在の家の不満点を解決することで今後も安心して暮らしていけるのではと言う事になりました。

全体は水回りの交換や間取りの変更など大掛かりです。当社はそのうちにの全体のプランニングと水回り改修部分とおよび全体の工程監理をさせて頂きました。

今回工事が完了し二か月ほど経過し、その後の暮らしにご不便な点がないか確認して参りました。

工事完了報告書を説明するスタッフ

工事完了報告書を説明するスタッフ

本来ならば、リフォームのプラン時に、工事中に全てのご不満を解決しておきたいと思うのですが、間取りも変更して新しい暮らしを始めると、小さな改良点があることもあります。

例えば、飾っていた絵を今度はここに飾りたいとか、
せっかく綺麗になったのだから、仕舞っていたものを飾りたいとか。

そういう点はリフォーム中では拾いきれない事も正直なところありますので、必ずリフォーム後にはお伺いして満足度のヒアリングに参ります。
今回は工事中の現場報告書も作成して提出して参りました。

リフォームをされてからが本当のお付き合いだと思っております。

 

木と珪藻土の家

昨日急遽でしたが、福島県の同業者の友人に会ってきました。
昨年家を新築したのですが、そこでは当社で取り扱っている、「MPパウダー珪藻土」を家全体の壁と天井仕上げとして採用した事を聞いていたからです。

真剣に見させて頂いています

真剣に見させて頂いています

冬の季節は湿度がかなり低下します。おととい八戸で測定をしたところ、外気で湿度20%しかありません。人にとっていい湿度は30%から70%の間で、20%は乾燥している状態です。これに暖房がされてしまうわけで、屋外よりもさらに室内は乾燥してしまい、湿度10%台はざらなのです。

友人の家ではMPパウダーを用いることでどのような湿度状態なのか見て起きたいと思ったのです。午後3時半ごろに出発し、着いたのは8時過ぎ。夜の訪問でしたが、快く見させて頂きました。(押しかけみたいなもんですが・・・)

結論から言うと、素晴らしいの一言です。
湿度は40%程度に保たれています。もちろん断熱など下記の様々な要素があります。

断熱は現在の基準で入れてある。
床材は無垢フローリング、一部天井にも無垢材仕上げ
窓はLOW-Eガラス
暖房はまきストーブ一個でリビングと廊下の家全体をまかなう
という諸諸条件の上で、
ビニルクロスは一切使用せず、天井壁はすべてMPパウダー仕上げ

大きなリビングで家族が集まる間取り。キッチンの匂いが全くしない、木の心地よい香りがしています

大きなリビングで家族が集まる間取り。キッチンの匂いが全くしない、木の心地よい香りがしています

暖房の熱源はまきストーブ一個のみ

暖房の熱源はまきストーブ一個のみ

湿度を保つ生活の仕方がありまして、一番は「湿度を気にした生活をする」ということです。乾燥しそうになってきたら、湿度を補うわけですね。
一番の湿度を発するのは何か?それは人間の呼気です。まずそれで湿度が補充されます。
そして、煮炊きの水蒸気です。
そして、このお宅様ではもう一つお風呂を使って水蒸気を補充しています。
お風呂を上がったら、換気扇をいれず、扉をあけっぱなしにして湿気を室内に放出させるのです。お風呂の水蒸気量というのは相当なものです。

洗面所もMPパウダー仕上

洗面所もMPパウダー仕上

お風呂の水蒸気を家全体に回すために洗面所の天井は廊下と壁なしでつながっています

お風呂の水蒸気を家全体に回すために洗面所の天井は廊下と壁なしでつながっています

普通のビニルクロスの家ではお風呂の水蒸気は換気します。これはカビ対策のためです。
しかし、MPパウダー珪藻土の場合には、この水蒸気を乾燥を防ぐ大切な湿気として取り入れるのですね。これによって、いったん珪藻土に取り入れられた湿気が室内に適度に放出されるわけです。電気も何もエネルギーを使わずに室内に湿度を補充することができるわけで、その意味でもとてもエコで健康な暮らしにつながります。

リビングと廊下はドア無しで一体のため室内空気環境を一体で調整します。

リビングと廊下はドア無しで一体のため室内空気環境を一体で調整します。

最近湿気の話をお客様とすることが多いのです。
カビが生えた壁
匂いが取れないトイレやリビング(匂いは湿気にくっついて移動します)
シロアリ
など、実は湿度が要因での家のご不満というのには意外と多いのです。
これをMPパウダー珪藻土を使って解決や改善ができないかとプランします。

MPパウダー珪藻土は珪藻土の含有量が80%(Hタイプの場合)と非常に高いため、湿度の問題に対応するのに十分な性能を持っていることもあり、当社ではこれしか使いません。(もう一言言わせていただくこと、珪藻土の含有量を表示した珪藻土建材自体がほとんどないのです。)

実は昨日床下にMP床下調湿材を敷いた弊社のお客様宅にも訪問したのですが、これもなかなかいい結果を生んでいそうです。またこの件もお伝えできる機会があればと思います。

 

リフォームのコンシェルジュ

先日のNHK のプロフェッショナル仕事の流儀で登場した
ホテルコンシェルジュの阿部佳氏の回、素晴らしかったです。

最近私たちリフォーム業界でも、コンシェルジュという言葉を使うようになってきていますが、やはりサービス業の頂点とも言えるコンシェルジュの仕事、ものすごく参考になりました。

「相手に向き合うのではない、同じ方向を見る」
そういう言葉だけではなく、番組中のほとんどの言葉が私の仕事につながる言葉の宝庫でした。

行動の全てがお客様にとって価値を生むものではないかもしれませんし、
もしかしたら無駄になってしまうサービスや努力もあるかもしれません。
でも、「ここまでで大丈夫でしょう」と無難になるのと、
「やり尽くした」のでは、全く違いますね。

時々、エネルギーが無くなってしまいそうなとき、
この回の録画を見直すことにします。

やはりお客様の笑顔を見るのが、幸せなんですね。
リフォームはそうやってお金を頂ける、そんな幸せな仕事なのだと思っています。
八戸でそういうリフォーム店であるように、スタッフと作っていきたいと思いました。

 

株式会社北奥設備の役員として

昨日月曜日の夜は恒例の設備工事部の役員会に出席しておりました。
当社には大きく分けて三つの部門があります。

一つは設備工事部
これは水道工事や設備工事を行っている部門
ちなみに、青森支店がありまして、青森支店は弘前やむつも担当エリアになります。
もう一つは運輸部
これは、LPガスの配送をしている部門
LPガスの燃料卸屋様からのご依頼で、LPガスを各家庭に配送しております。

そしてもう一つはリフォーム部
これは私が担当している八戸本社のみです。

月曜日の夜は八戸設備工事部の定例会議でした。
担当は弊社専務になるのですが、私も役員の一人として今年から参加しています。

売上や費用などの説明もありますが、主な議題は、経営計画書に基づいた行動をしているかを確認することです。経営計画書とは、毎年本年度の方針を目標に書いている指針のような小冊子です。

これを元に、今の自分たちの動きがどうであったか、自己評価をしていただきます。
厳しい時代ですが、こうやって毎月大事なことを意識する機会を持っていただきながら、経営を継続できているのだと思います。

いつも工事部の方をはじめとした社員の皆さんには感謝しています。

リフォームしあわせ工房 店長
TOTO水彩工房八戸中央店 店長
北向秀幸

 

 

 

お客様からのお電話で

今日は日曜日ですが、いかがお過ごしですか。

昨晩夜8時半ごろに携帯電話に着信履歴があり、電話番号を調べたところ南部町のお客様の番号だとわかりました。さらに調べてみると、本日ボイラーを取り付けしたお客様の番号だとわかりました。(担当はスタッフの松坂さん。当社では時間外の電話はすべて私の携帯電話に転送される設定になっています。)

着信に気が付いたのは夜の10時半頃だったので折り返しするわけにもいかず、気になっていたのですが、今朝かけなおしてみると、

「シャワーの温度が上がらずに困っていました。取扱説明書を見ると、今までと使い方が違う事がわかって説明書の通りにしたらうまくいきました」とのお話でした。

解決していただいて良かったのですが、完成してのお引渡しの説明が足りなかったのだと気が付きました。取扱説明書のお話はするようにしていますが、リフォームや器具交換など行った後に大事なことは、今までの使い勝手との違いなのだと、意識してお話をしないといけません。

ボイラー交換の多い季節ですが、改善項目に気が付いてまたサービス向上につながりそうです。お客様には定期点検でご挨拶にまたお伺いした際にお詫びもしないとなりませんが、仕事の質が良くなっていく発見が出来たのは嬉しい事です。

リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞
ページトップへ戻る