青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

株式会社北奥設備 店長ブログ
北奥設備 しあわせ工房店長 北向 秀幸
リフォームしあわせ工房 店長北向秀幸

お客様の立場に立って考える事。簡単な様で難しいです。お家のお困りごとを理解して、最後の最後まで考え抜き、手をつくす。この人と出会えて良かったと感じて頂き、一生のお付き合いができるよう心掛けています。

『社内の出来事』カテゴリーの投稿一覧

TOTOリモデルクラブ お店づくりチャレンジ

TOTOリモデルクラブお店づくりチャレンジ

当社で加入しているTOTOリモデルクラブですが、毎年お店の状況についてヒアリングを受け、更新手続きを取ります。

TOTOでは現在、安心リモデルをテーマにリモデル(リフォーム)店の能力向上や安心を高めるために施策を打っています。

TOTOではリモデルクラブというリフォーム店の全国組織を持っており、加盟店は毎年このような書類を提出した上で更新手続きを行っています。

かつて悪質リフォームという言葉がマスコミで大きく取り上げられてしまったように、この業界では金儲けの為にお客様にとって不利益な工事を押し付けているという事が大きな問題になりました。

私はTOTOリモデルクラブ八戸店会の会長をさせて頂いております。
今でもそのような会社は全国レベルでは時々ニュースになりますが、八戸地域の会社はそのような事には全く関係なくまじめにお客様に対して向き合っていらっしゃいます。それらの会社様にこのような調査が必要なのか疑問に思う点も無いわけではありませんが、やはりメーカーが主導でこのような試みをしていただく事は悪い事ではないかと思います。当然メーカーも人と金をかけてやっているわけですからね。

来年度の提出期限が今月末であわててやってます・・・。
来週から三月ですね。当社でも3月から1000万円を超える大型工事があります。
いよいよリフォームシーズンのスタートですね。

新年明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
昨年はコロナの件でいろいろありましたが、年始め早々に緊急事態宣言が発出され、コロナウィルスへの対応はまだまだ続きそうです。

当社でも、様々対応をしております。
昨年の緊急事態宣言と違うのは、マスクやアルコールなど対応する製品が多く出ております。

本日当社の社員用入り口に設置されたものはこちら。

アルコール消毒と検温が同時にできる優れもの

アルコール消毒と検温を同時にするのが面倒だったのですが、こちらの品物は、検温をする事が同に出来ます。しかも非接触型。

 

 

 

今までポンプを設置していたのですが、結局面倒になってしまうので非接触型だとどうかと思い購入しました。

今年はより一層社員の健康を守りながらの経営となります。
代表 北向

新人スタッフ入社 リフォームの仕事の難しさ

昨年の話になってしまいますが、リフォーム部門に新人が入社を致しました。
中途入社で35歳の男性スタッフです。
前職は全く畑違いの業種で責任者をされておりましたが、もともと建築の世界に興味があったそうです。大学もそちら方面に進んでいらっしゃいました。

全くの未経験者という事ですが、前職では個別接客の必要な仕事であったこと、かつ責任のある立場で仕事をされていたと言う事もあってとてもリフォームの仕事に適性がある方と思います。
リフォームの仕事は不人気業種と言えるかもしれません。
まず、営業の仕事自体が人気がありません。
そして、既存の家に手を付ける事の難しさがあります。
経験も必要ですが、想像力も必要です。

例えば壁を壊して柱が腐っていたら、
・白蟻が原因なのか?
・白蟻はなぜ発生したのか?
・今後出来るだけ発生を防ぐにはどうしたらよいか?
と3段階で考える必要があります。

単純に白蟻駆除をすれば完了とは言えません。
白蟻駆除の薬剤にも期限があるからです。
問題は今後発生をしないように出来るだけの処置をする事になります。

リフォームは新築の管理よりずっと細やかな現場監理が必要とされます。
お客様が住みながらの作業となるからです。
一番大切なのはコミュニケーション力だと思います。
それも、正直な姿勢で臨む事です。

そういった点が身についている方が入社して頂き、とても期待をしております。

リフォームの繁忙期になりました

6月に入りリフォームの繁忙期となりました。
様々な打ち合わせが重なっていまして日々数件のお客様を回っています。
これが毎日ですとだんだん頭がごちゃごちゃになってきます。

先日リフォーム事業部には社内異動で男性スタッフが入りました。
1級管工事施工管理技士を持つスタッフですので、水回り工事については特に力になると思います。

インフルエンザと家の関係

まだ寒さが厳しい最近ですが、皆さんお体はいかがでしょうか?
インフルエンザが猛威を振るっていますね
私だけまだかからずに済んでいます。

実は家にある工夫をすることによってインフルエンザにかかる可能性を低減できます
冬は、当然暖房が焚いてある訳ですが、暖房をすると部屋の湿度がかなり下がります。加えて冬は外気の湿度も下がりがちになりますので、部屋の空気はかなり乾燥します。インフルエンザは湿度が低くなれば活動が活発になります。

そこで家の壁仕上げに珪藻土を用いることによって湿度を適切な範囲内に調整すれば、インフルエンザウィルスの活動を抑えた空間にすることが出来ます。

リフォーム前のリビング。壁が湿気でかなり汚れていました。

リフォーム前のキッチン
リビングと分離された場所でした。

リフォーム後
別れていたキッチンとリビングをつなげLDKとしを珪藻土仕上げにリフォームしました。

それでは加湿器を使えばいいんじゃないか?と言う意見があるかと思いますが、
加湿器は部屋の空気を必要以上に加湿してしまう事があり、カビの原因となります。
珪藻土は、湿度が高い時には水蒸気を吸収して湿度を下げ、湿度が低い時には水蒸気を放出して湿度を上げます。
その活動によって、湿度が40-70%の適正な範囲内に収まります。
ぜひ皆さんリフォームをされる際には、珪藻土を活用されることをお勧めします。

今年は大型リフォームのご相談がすでにあって、どちらも春にはスタートしたいと考え、お客様との打ち合わせはほぼ毎週となっております。
毎回お客様からのご要望をお聞きするたびに、リフォームを楽しみにしていらっしゃる気持ちが伝わります。
早くスタートできるように頑張ります。

春に向けての打ち合わせ

今日は八戸市十日市方面でフルリフォームをご検討のお客様にお伺いしてまいりました。
こちらのお客様は7年ほど前に当社でフルリフォームをされたお客様からのご紹介です。

お母さま、ご夫婦、そして小さなお子様お二人のお住まいについてご検討中。
おじい様は大工さんだったとのことで、できればその家を残してリフォームをされたいとのこと。
なるほど家の調査をさせて頂きましたら、いろいろと大工さんならではの工夫が見受けられました。

そして、何よりお話をしていていいなぁと感じたのは、
お姑さんと奥様との雰囲気。
ご結婚された当初から同居しておられたとのことです。
奥様の笑い声がとても心地よく、にこにことされるお母さまとお話をしていると、
こちらまで穏やかな気持ちでお話をさせて頂きました。

二人目のお子様が生まれたのを機会に今回のリフォームを検討されているのですが、
ご予算の兼ね合いを考えながら、プランニングを開始しました。
早速いくつかのアイデアが出てきて、いけるかも、との感触です。

奥様は、使いにくいとの間取りをお話しされてはいるのですが、
これがリフォームをすれば意外といい間取りや使い勝手に変身しそうです。

本年度もよろしくお願い致します

明けましておめでとうございます。2018年度もスタートしました。

昨年も多くのお客様と出会いましたが、今年も沢山のお客様との出会い、そしてリフォームで人生を豊かにするお手伝いが出来ればと思っております。

リフォームの仕事では沢山のお宅にお邪魔します。
それぞれのご家庭でそれぞれの生活、状況、未来があってリフォームに至るものと察しながら、これからの生活のお役立ちが出来ないかと考えをめぐらします。そこではいろいろな言葉を頂きます。

「これからはいろいろ家の事を頼むよ」70代を超えたご夫婦

「あなたに頼んで良かったです」定年を機に親御さんから譲り受けた家をリフォームした方

沢山のご家族の未来の形は違うのかもしれませんが、家が人生の土台である事は間違いありません。その土台作りの仕事であると言う事を私達も肝に銘じ、そこに関わる職人さんにもそういう気持ちを持って仕事をして頂けるようにお話をして、チームワークでいい仕事をして参りたいと思います。

 

 

秋のリフォーム工事 大詰めです

なかなかブログの更新が来ておりませんが、リフォームの現場は着々と進んでおります。
特に11月中に完成予定の現場の追い込みで毎日朝と夕方暗くなるまで何度も立ち寄っております。そのためなかなかブログに手が付かず。

さて、こういう中でもテレビドラマは見ているのですが、最近はまっているのが
「コウノドリ」というドラマ。このドラマは漫画が原作ですが、産科医の日常の出来事をかなりリアルにとらえたドラマです。

出産は病気ではない、でも一人ひとり事情は違う
というくだりから始まるこのドラマ
つくづく医療の仕事とリフォームは似通っていると感じます。

お客様(患者)の事を考え、本人の希望を出来る限り尊重しながら、建築士として(医者として)お客様に最善の方法を提案する。
スタッフが全員関わりお客様のしあわせを願う、

医療では命を預かるわけですが、リフォームでは生活を預かります。
生活そのものがその人の人生になるわけです。

医者と同じように患者の事を考える姿勢を持つこと、
必要だなと思い知らされますし、
リフォームの仕事をしてよかったと思います。

TOTOの機関紙に特集をされました。                

先日TOTO株式会社様が発行されている、リモデルエクスプレスという機関紙に当社の事を取り上げて頂きました。
この機関紙は、TOTOリモデルクラブというTOTOが主催しているリフォーム(リモデル)の会社様の団体向けに発行しているものです。

「リモデル経営を語るという題で」毎月経営者様が登場します。
当社に6月に取材があり、いろいろと話をさせて頂きました。

お客様の満足を頂くためにどのようにしないとならないと感じてきたか、これまでの経験、これからの想いを話させて頂きました。
多くのリフォーム業の先輩たちにこのリモデルクラブで出会う事があって、今でも多くの先輩や仲間たちと交流があります。
少し恥ずかしいところもありますが、ここに載る事で、リフォーム業者としての次のステージに上がったのではないかと思います。

スタッフ募集しております

突然のご案内ですが、ただ今当社では一緒に働いてくれる
・リフォーム営業スタッフ(正社員)及びアシスタントスタッフ(パート)
を募集しております。
リフォーム営業スタッフは建築関係の学校を卒業した方、もしくは建築関係の業務経験のある方。
アシスタントスタッフは建築の業務経験は問いません。
男女は問いません。
ただし、パソコンスキル必須です(エクセル・ワード、キーボードを両手で打てる)

お気軽にお問い合わせください。

スタッフに何よりも求めているのは「チームワーク」です。
リフォームは多くの職人さんとスタッフの協力でいい現場になります。

スタッフにとって働きやすい職場を目指しています。
例えば当社には小さいお子様を持つスタッフもおります。
子供さんの急な熱でお休みしなければならないといった場合でも、
ご家族を優先して頂いています。

私達の仕事は家族の幸せを作る仕事です。
当社で働いて良かったとスタッフのご家族に思っていただけるように、
考えて参ります。

リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞
ページトップへ戻る