青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

お問合せ

社長ブログ

北奥設備 しあわせ工房店長 北向 秀幸
リフォームしあわせ工房 社長北向秀幸

お客様の立場に立って考える事。簡単な様で難しいです。お家のお困りごとを理解して、最後の最後まで考え抜き、手をつくす。この人と出会えて良かったと感じて頂き、一生のお付き合いができるよう心掛けています。

『リフォーム提案』カテゴリーの投稿一覧

完成写真撮影・アフター訪問に行ってまいりました

今年の春から夏にかけて大型リフォーム(リノベーションを)されてお客様宅に訪問して参りました。リフォームをきっかけに照明器具もこだわって海外から取り寄せたとの事で、当社の工事完成からすでに2か月近くが経過しています。ようやく照明器具が付いたとの事で写真撮影に。カメラマンは社長自らです。このリフォームはアイデア・製品の魅力・など様々な要素を入れてあって、写真撮影も4時間近く滞在をしてしまいました。製品だけでもお風呂-TOTOシンラキッチン-クリナップステディア洗面台-1階クリナップティアリス2階TOTOオクターブトイレ-1階TOTOレストパルF2階TOTOネオレストRH1と水回りの全部リフォーム。今後施工事例でご紹介をして参りますが、あまりに膨大なのでまとめるのに時間が掛かりそう。写真を撮りなが…続きを読む

リフォームで新型コロナウィルス対策を行うその2 換気

先日のコロナウィルス対策の更新からの2週間、八戸市は感染者激増でかなり緊張感が出てきました。ところが、この数日間で激減。感染症の専門家は9月に入れば東京で毎日2万人が感染すると予測していたのに、1000人台まで落ち着いてしまいました。一体なんで波が生まれるのか謎です。第5波はそろそろ終わりそうですが、確実に第6波もやってくるでしょう。今後も対策は取り続けていかないとなりませんね。さて、新型コロナウィルス対策としてリフォームで出来る事を考えて参りましょうのその2です。今回は換気について考えてみます。デルタ株で言われている事は、感染力が上がっているという事です。それは感染者が出すウィルス量が多く、飛沫感染だけではなく、いわゆるエアロゾル感染が起きているのではという事です。エアロゾルは飛沫が乾燥して少しの水分を含んだ状…続きを読む

リフォームで新型コロナウィルス対策をする その1

青森県でも新型コロナウィルス感染が急拡大しております。特に家庭内感染が大きな要素を占めているとの事で、今後リフォームをされる際にはコロナウィルス対策を少しでも講じてみてはいかがでしょうか?まず、新型コロナウィルスの特徴を確認して参ります。敵を知らないと対策が取れません。〇感染形態①飛沫感染(エアロゾル含む)-口からの唾液や呼気を吸い込んで感染②接触感染―感染者が触った場所やものに付着しているウィルスを別な人が手で触り、その手を口や目に触る事で感染の二つが大きいでしょう。さて、リフォーム商品が続々と出ていますので、エリアごとに考えられるコロナ対策を提案します。器具類は弊社で扱っているTOTO製品をメインで選定しますが他メーカーでも同じようなものが出ています。まずはトイレからトイレで心配されるのは、①用を…続きを読む

八戸市、リノベーション工事終わりました

昨年から打合せを行ってきた八戸市内のお客様先月ほぼ完成して仮引き渡しを行ってきました。1階のほぼ全体をリフォーム、リノベーションです。                  トイレはご両親の使い勝手と清掃性を高める事を考えています。床は臭いのしにくい床材。壁も腰壁で清掃性を高めています。                …続きを読む

コロナ禍に対応するリフォーム

年末も押し迫ってまいりましたが、今年はコロナウィルスに振り回された年でしたね。そして、新型コロナウィルスに対応してリフォーム提案も少しづつ変わってきています。当社でのご提案のいくつかをご紹介いたします。・珪藻土当社では以前から珪藻土の特徴を生かしたリフォームをご提案してまいりました。珪藻土の特徴は湿度を調整する性質です。湿度を40-70%の間にコントロールする事でウィルスの活性化を抑制します。冬になるとインフルエンザウィルスが流行していましたが、コロナウィルスも冬になって第2派(3派でしょうか)が猛威を振るっていることを考えると、湿度が大きく影響しているのは間違いなさそうです。インフルエンザウィルスは湿度が低くなると活性化します。逆に湿度が適正だと不活性化します。湿度コントロールは欠かせない要素だと思います。…続きを読む

消費税の影響

先日、打ち合わせの際に、地元の新聞に折り込みされている他社様のチラシを拝見させて頂きました。そちらのチラシでは、「消費税増税の前にリフォームを終えましょう」というタイトルで、今なら間に合うという事でタイトルが付けられておりました。確かに、消費税が予定通り増税実施されるのか、気になる所ではあります。そのお客様は、新築レベルの家全体のリフォームをお考えの方でしたので、当初の打ち合わせから消費税増税前の工事完了が間に合うか微妙な所とお話をさせて頂いていました。工事期間は2か月は超えるかと思います。当社でもここ一か月で急にお話を頂く事が増えて参りました。その為、新築に匹敵するような大型の工事については消費税増税前の完了はお約束が難しい状況になっています。しかしながら、増税後に工事完了をした場合でも、ポイントが付く制度…続きを読む

雪と湿度の関係

八戸は一昨日から強風と猛吹雪に見舞われました。今朝は私も早朝から雪かきを行いました。冬は乾燥すると言われていますが、雪が降るとどうなるのでしょうか?過去湿度の計測をした事があるのですが、雪が降ると湿度は高くなります。つまり雨が降った時と同じです。冬であっても、雪が降ると湿度が上がります。特に今日は日中に気温が幾分上がり道路の雪が解けた場所もあったかと思いますが、そのような際には空気中の湿度は上がっています。つまり、冬だから湿度は低いとは言い切れないのです。湿度を調整するため加湿器を入れたりすると、湿度が多すぎる可能性も出てきます。大切なことは、湿度は常に変化しており、季節でも夏は湿度が高く冬は低いという大きな傾向はあるだけではなく、日々や時間でも天候の変化で湿度は変わっているという事です。このような湿度の…続きを読む

インフルエンザと家の関係

まだ寒さが厳しい最近ですが、皆さんお体はいかがでしょうか?インフルエンザが猛威を振るっていますね私だけまだかからずに済んでいます。実は家にある工夫をすることによってインフルエンザにかかる可能性を低減できます冬は、当然暖房が焚いてある訳ですが、暖房をすると部屋の湿度がかなり下がります。加えて冬は外気の湿度も下がりがちになりますので、部屋の空気はかなり乾燥します。インフルエンザは湿度が低くなれば活動が活発になります。そこで家の壁仕上げに珪藻土を用いることによって湿度を適切な範囲内に調整すれば、インフルエンザウィルスの活動を抑えた空間にすることが出来ます。それでは加湿器を使えばいいんじゃないか?と言う意見があるかと思いますが、加湿器は部屋の空気を必要以上に加湿してしまう事があり、カビの原因となります。珪藻土は、湿…続きを読む

お盆明けリフォーム完成

お盆明けの第一段のリフォームが先日完成。簡易水洗のままですが、明るくて臭いが全くしないトイレでびっくりされていました。  一番気になるのは簡易水洗の大便器に汚物が付着してなかなか流れにくくなったこと。当初は合併浄化槽による水洗化を検討したのですが、敷地条件でかなり高額となってしまう為、簡易水洗のままで居心地良くする方法で検討しました。壁は珪藻土仕上げとしています。続きを読む

雨水の排水に気を付ける事

ここ数日ひどい雨が降っていますが、雨水排水について考えたいと思います。雨水排水は安易に考えてはならない、と言うのが私の見解です。多くの家では雨水排水の処理は雨樋からさほど遠くない場所に垂れ流しです。しかしながら、雨水は家にとってかなりの悪さをします。・垂れ流すと家の基礎下に入り込んで床下の湿気を上げる・地盤が沈下しやすくなり、時には家の傾きを引き起こす・地面が常に濡れた状態になり、シロアリを呼び寄せるなどです。家の大敵は湿気です。この時期になると白蟻の被害を目にする機会が増えます。ちょうど白蟻が移動する季節だからです。先日も、ボイラーの修理を行ったご家庭で、洗面所のカビを目にしていたところ、やはり白蟻が出たことがあったそうです。家の床下の状況を確認し、湿気が多いようであれば、暗渠排水で家の周りに湿気を…続きを読む

シロアリの出る季節になりました

6月に入りましたが、八戸地方は気温の低い日々が続いています。6月になったら起きる出来事の一つに、シロアリの巣移動があります。シロアリは普段は家の木部や地面の中に隠れているのですが、6月に巣別れをするために家から飛び出します。青森県にいるシロアリはヤマトシロアリですが、写真を見てお分かりの通り、シロアリとは違い、黒い羽の付いたアリです。この写真のように群がって飛び立ちます。天気の良い日中に出てきますので、容易に判別する事が出来ます。もし、このようなアリを屋外で発見したら、シロアリが家の中にいる可能性があります。当社でもご相談に応じますのでお気軽にご相談ください。ポイントとして、シロアリを駆除する事は駆除の専門業者でも出来るわけですが、駆除だけではなく、家の被害が生じていないかを判断する必要もあります。また、シロア…続きを読む

北国のリフォームで必須の断熱リフォーム

先日より入っている断熱改修のリフォーム現場の様子です。すでに4月も終わりで少し熱い位の時間帯もあるのですっかり冬の寒さを忘れてしまっています。こちらの方はとても寒くて冬は家の中にいるのがつらい位の状況でした。そこで、とにかく断熱に力を入れる事を考えてリフォームをしています。様々な種類の断熱材を使っています。理由として、1つの断熱材ではカバーしきれない内壁の状況がある事断熱材はパネル系と繊維系を主に使っていますが、どちらにも一長一短があり使い分けで最大限の交換を発揮する事です。壁がグラスウール100mmですが、外壁側は100mmでもより高密度のものとしています。床はパネル系断熱材にしています。やはり床下からの冷気が一番住んでいる方にこたえるはずです。ジュピーは同じ厚みの断熱材では最も高性能なものとなります。…続きを読む
リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞

店長日記

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • リフォーム提案 (64)
  • 個人的なこと (23)
  • 出会い (21)
  • 施工事例 (35)
  • 日々のこと (28)
  • 社内の出来事 (40)
    • しあわせ工房のリノベーション
    • 水彩工房

      北奥設備 水彩工房

      TOTOの純正部品アクセサリーなどの販売、修理受付などを行っています。部品一個からのご購入や修理をお受けいたします。
      リフォームの相談もお気軽にどうぞ。

      詳細を読む
    • 最初のご相談からお引渡しまで

      最初のご相談からお引渡しまで

      リフォームに関する疑問・質問にお答えします。よくある質問んの中で解決できなかったお客様は、お問合せフォームからお悩みごとをお知らせ下さい。
      スタッフが回答させていただきます。

      詳細を読む
    • よくある質問

      よくある質問

      リフォームに関する疑問・質問にお答えします。よくある質問んの中で解決できなかったお客様は、お問合せフォームからお悩みごとをお知らせ下さい。
      スタッフが回答させていただきます。

      詳細を読む
    • 青森県八戸市リフォームしあわせ工房 店長ブログ
    • リフォームしあわせ工房 現場日記