青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

お問合せ
株式会社北奥設備 店長ブログユニットバス組み立てユニットバス組み立て

ユニットバス組み立て


本日はお風呂リフォームのユニットバス組み立ての日。

朝から現場立ち入ります。
搬入された浴槽
これが魔法瓶浴槽の秘密です。
ユニットバスの下に断熱用の発泡スチロールがはりついています。
写真 2016-07-12 8 15 20
搬入された浴室床
ソフトカラリ床の下地になっているものですが、やはりかなり厚く断熱が入っています。
写真 2016-07-12 8 15 51 (1)
当社ではこれに加えて浴室周りを付加断熱しています。
床はスタイロフォーム敷きで覆ってます。
湿気対策はどうするかですが、床下に珪藻土の調湿材を敷き詰めております。
これで床に湿気が逃げても大丈夫。 

壁も断熱します。
基本はグラスウールですが、この現場では壁構造で持たせてたので、
ウールブレスを用いました。
2016-07-12 08.19.55
写真でみればわかりますが、暖かそうでしょう?
こちらの家は壁構造のためこの格子状の下地を取りたくなかったのです。
ただ、ここに入っていた断熱材は50ミリのグラスウール。
これを100ミリのウールブレスに変更します。

ウールブレスの良さは加工がしやすいことで、このように小さな格子でも詰め込めばOK。
しかも撥水性能が高く、それ自体が湿気をためない性能を持っています。
値段はグラスウールより高いのですけど。

窓は今回交換しませんでした。
ユニットバス組み立ての際に既存窓の内側にアタッチメントを入れて再利用しますが、
既存窓とアタッチメントの間にどうしても隙間ができます。
ここにもウールブレスにて断熱。

これをしておかないと、後日内窓を付けた際に、既存窓と内窓の間で結露する可能性があります。
結露は窓だけではなく下地も痛めてしまいます。

ここまでやってあったかいお風呂になりましたって言えるのかなと思います。
なんせ北東北ですから、メーカーの標準仕様では少し物足りないのです。
しかも結露対策も兼ねないと余計悪くなる可能性もありますので、
気を付けないとなりません。

北奥設備 しあわせ工房店長 北向 秀幸
リフォームしあわせ工房 店長北向秀幸

お客様の立場に立って考える事。簡単な様で難しいです。お家のお困りごとを理解して、最後の最後まで考え抜き、手をつくす。この人と出会えて良かったと感じて頂き、一生のお付き合いができるよう心掛けています。

リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞
ページトップへ戻る