青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

HOME > リフォームプラン > トイレ > 介護が必要なご夫婦の暮らしのためにトイレリフォーム
2013.09.14[更新]

介護が必要なご夫婦の暮らしのためにトイレリフォーム



リフォーム前のお施主様のお悩み

ご高齢のご夫婦は旦那様が糖尿病による網膜症での視力低下、一方奥様は白内障でまぶしさを感じ羞明(光を眩しがる)がありました。ご主人は部屋を明るくする状態が必要で、奥様は逆の状態が必要でした。ご主人は進行性の病気でしたので、今後トイレが不便になると考えリフォームすることにしました。
あわせて、トイレドアの段差解消、トイレ内のドアの撤去など、歩行のバリアを解消する事も必要と考えられました。

その解決方法

旦那様と奥様の目のためには、逆の状態が好ましいという悩ましい課題でしたが、2種類の照明を使い分け、個別の環境が作りやすい状態にする事を考えました。
照明には個別のスイッチが増えてしまうので、換気扇は人感センサーにして、余計なスイッチを増やさないようにしています。建具は段差解消と開けやすさを考慮し、大きなハンドル付きの引き戸にしました。老化との間仕切壁を作り直し、将来的に自走式の車椅子でもアプローチできるスペースを確保しています。もちろん段差解消も行っています。

お客様データ

八戸市江陽 T様邸
リフォーム総費用/110万円(税込)
ご家族構成/本人60代 奥様
築年数/30年
構造/木造在来
工事期間/11日
工事内容
トイレ全体リフォーム・間仕切り変更・廊下・玄関床張替え

施工前 【before】

 

もともとは、手前の部屋に小便器があり、奥の部屋は汲み取りの便器があったようです。数年前の水洗化の際に、当時のリフォーム屋さんは便器を新しくしただけで、狭い場所に無理矢理に設置したとの事。 その為、入り口が二つあって段差を2度乗り越えなければならず、そして、扉を開けると眼の前に便器があり、座る為には足がギリギリ入るスペースを横歩きして出入りしていたとの事です。これでは、ご高齢のお二人には大変使いづらかったであろうと思います。

間取り図

リフォーム前の間取り図

 

リフォーム後の間取り図


施工後 【after】


TOTOのタンクレストイレ ネオレスト使用。将来的には車いすの出入りや、介助者のスペースなどが必要になる可能性がある為、なるべく広くスペースを確保する機器選びをしています。
手洗い器をトイレ内に取り付け、掃除用具を収納できるキャビネットとトイレットペーパーが置けるボックスを取り付けています。もちろん手すりを設置しました。窓には内窓を取り付けて断熱性を向上させています。壁内に回した断熱材とあいまって、これで寒さも解消できます。
照明は2種類使い分け、別々のスイッチにて明るさの調節をしています。換気扇は人感知センサー式で、面倒なスイッチ操作を省略しました。


建具は開き戸から引き戸に変更です。やや大きめの明かり窓と、内側からも開けやすい大型ハンドル付き。壁のコンセントは暖房器具用に増設してあります。

間仕切り壁を斜めにすることで、トイレと廊下の両方のスペース確保をし、将来的には自走式車いすでもアプローチしやすい寸法と角度にしています。段差もありません。


施工中

既存のトイレをほぼスケルトン状態まで解体
します。手前の栓を抜いて補強しています。

 

天井も含め壁・床とも断熱材を回します。
これで、かなり暖かくなります。

お客様情報

お施主様名

その他新着事例(トイレ)

  • ハイドロセラフロア

    大変ご無沙汰しております。 この所仕事が忙しすぎ、全くブログに向きあう時間が取れずにおりました。 私は乙女座なのですが、今年のおとめ座は12年に1度の幸運期とか。 そのせいかわかりませんが、問い合わせが続々と入り、 その…

  • 漏水修理

    先月から漏水修理の依頼のお問合せが続いています。 写真を見てわかるように 今回はお客様がお気づきになり、ご連絡を下さいました。 家の基礎の部分から、水が漏れているのがわかりますね。     &nbsp…

もっと見る

リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞
ページトップへ戻る