青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

HOME > 現場日記 > 沈下修正
株式会社北奥設備 現場日記

『沈下修正』カテゴリーの投稿一覧

八戸市での沈下修正2

前回、八戸市で沈下している家の沈下修正工事をしていると書きました。
もう少し補足したいと思います。

今回の工事では、アンダーピニングという基礎下に杭を打つ工事をしています。

アンダーピニング

さて、この掘った穴をどう埋めるか。
普通に埋めたのでは隙間が多く空いてしまいます。
そんな事を考えていると職人さんが出してきたのは大きな寸胴。

これに、掘った土と固めるモルタルを入れて練ります。
実は今回はこれに地盤改良材を入れています。
なぜ地盤改良材を入れたかと言うと、土が思ったより砂質のため水分を多く含み、掘った後の方が体積が小さくなってしまったからなんです。
それを改良する材料を混ぜています。
そして、その材料を杭の所に流し込みます。
表面に空気が浮いてきているのは中の空気が抜けていると言う事です。
十分に固まってから、杭と一体になって家を支える訳です。

結局今回7本の杭を打ち込みました。

それぞれのところでどの程度杭を打ち込んでいるのかメモを取ります。
この仕事をして頂いている方々は、この仕事を専門で行っている方たちでした。
したがって、いろんな土と出会って、どうしたらいいかわかるわけです。
この場所の土は粘土質なのか、砂質なのか、その為に何を調整する必要があるのか。

建築士試験では、このような問題が出る事は無いですし、
建築士免許を持っている私には全くなじみのない知識なのですが、
この家の傾きの問題は、この土にある訳なのでこの事を知っておく必要があります。

サウンディング試験で土質と地盤を確認するのも土を知る為です

家の傾きの理由はいろいろなのですが、まずその原因は水です。
ではその水がどこから来るのか?廻りをじっくり眺めながら考えます。

雨の時に眺めてみたり

雨水が原因の場合もありますね。
今回は違いました。
そういったことを考え、職人さんと一緒に解決していく、リフォームは深いですね。

店長 北向秀幸

 

リフォームしあわせ工房 株式会社北奥設備
リフォーム事業部リフォームしあわせ工房 株式会社北奥設備

八戸市で行っている沈下修正工事

今回紹介する現場はまさに今行っている現場です。
八戸市是川にある大きな屋敷の沈下修正を行っている所です。

解体して見ると床下の土に地割れが

沈下修正という言葉に聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。
家が沈んで傾いてしまったものを、修正していく工事です。
沈んだ家を直す?そんなことが出来るのか?
出来るんです。

写真では分かりにくいと思いますが、こちらの家は水回りのリフォームとの事でお話を頂きました。
しかしながら、中に入ってみると明らかに家が傾いている。
全体ではなく、キッチンの入口のラインから北側が全部傾いている。
つまり、家の3分の1が折れ曲がって傾いている状態でした。

水回りのリフォームとのお話でしたが、まずは沈下修正、沈下防止対策を取る事の方が重要ではないか?
と思い、お客様にお話をしたところ、やはり同じお考えでした。
以前当社で行った工事のブログをご覧いただいていたそうです。

6月の中旬から解体工事に入り、現在沈下防止対策まで終わり、その次の土台上げ工事の途中まで来ています。

20年ほど前に地元の土木業者が上げてモルタルを埋めた跡です。

基礎の下に杭を打つために穴を掘って行きます。人ばすっぽり入る穴です。

鋼管杭を打ち込みます。写真に見えている杭がそうで、これを溶接しながら打ち込みます

圧力をかけて、基礎下を反対側にして反力で杭を圧入します

圧力が十分かかるところまできたら、基礎を支えるプレートを取付けます

土台を上げた状態です。前に上げたところに合ったモルタルはハツリましたので、これが沈んだ深さそのものです。150mmほど

外から見るとかなり上がっています。

土台を上げ終わってから、いよいよ家のリフォームに入ります。
沈下修正をするだけならばまだ地元の業者でも出来るかもしれませんが、今回この作業には、なんと静岡浜松の会社さんと愛知犬山の会社さんが来てくれています。

どこで知り合ったのかと言いますと、東日本大震災の時に沈下した家の修繕を行っているリフォーム業の仲間と知り合い、その方に紹介して頂いたのですね。出会いはずいぶんと前です。
福島や宮城で大活躍していた彼らの姿をみて、いつか八戸でもこの力を生かしたリフォームが出来るのではないか?と思っていました。

今回くい打ちをする事で費用はプラスになってしまうのですが、大正解だったと今は思います。
サウンディング調査で下に支持地盤がある事は分かったのですが、なぜ沈下したのか理由が分かりませんでした。
しかし、くい打ちをしてみると、どうも土が砂質であること。
そして、掘った一か所からは水が染み出てきました。
どうやら、支持層の上に水みちがあるようです。
これだけだと大きな問題にはならないと思いますが、家が建ってから近くに用水路が出来、その擁壁がちょうど地下の水みちの流れを変え、この家の沈んだ北側に水がたまりやすくなっていると思われます。

こうなると、とれる最善の対策は地下杭です。
東日本大震災でも杭がある家とそうでない家では、地盤が被害を受けた際にも家の被害が違いました。
しかし、建っている家に杭が打てるのか?それを出来る方は少ないのです。

今回、それが出来る方々と一緒になってこの家を直します。
お客様の家に対するお気持ちを感じながら頑張ります。

リフォームしあわせ工房 株式会社北奥設備
リフォーム事業部リフォームしあわせ工房 株式会社北奥設備

八戸でもリフォームの季節まっただ中

ゴールデンウィークを過ぎ、日中はだいぶ暖かく(暑く)なってきたこの頃です。
当社でも、リフォーム案件の対応に日々頑張っている所です。

今年は冬の季節から問い合わせが多く、正月明けの冬からリフォームの現場に入っておりました。
特に中古住宅の購入後のリフォームについては、既設関係なく行えるため冬の間にリフォームをしておき、ゴールデンウィークにお住まいになるという方もいらっしゃいました。
施工事例の更新がままならない状況ではありますが、随時更新を行ってまいります。

そして、ただ今見積もり中の案件で大変難しい現場に取り掛かっております。
それは、家の傾きです。
お客様がお問い合わせを頂いたのはひと月ほど前だったのですが、もともとは水廻りを中心としたリフォームをお考えのようでした。
しかしながら、とても気になっていたのは家の傾き。
これを解決しないとリフォームとしては成り立たなのではないか?
そのような疑問をお持ちだったそうです。

いくつかの会社に問い合わせをしてみたが、帰ってくる答えは
「傾いていても床を水平にすれば大丈夫です」
との言葉。
しかしながら、ご家族にとっては果たしてそうなのだろうか?という疑問がぬぐえなかったとの事。そこでネットで検索をして頂いた当社にご連絡を頂きました。

これまでいくつかの施工事例でご紹介をしておりますが、沈下した家の修正工事は実績があります。
正直なところ、沈下修正を行うのは非常に難しい工事の部類に入ります。
お客様のご要望にお応えできる回答を見つけたいと思います。

リフォームしあわせ工房 株式会社北奥設備
リフォーム事業部リフォームしあわせ工房 株式会社北奥設備
リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞
ページトップへ戻る