青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

HOME > リフォームプラン > LDK > 親子の絆をつなぐリビングキッチン
2010.09.14[更新]
2010年 空間別部門 キッチン&リビング 審査員奨励賞

親子の絆をつなぐリビングキッチン


リフォーム前のご不満とご希望

・マンションに住んでいた息子夫婦が親と同居することになった。しかし、家は40年前の作りで問題がありました。
・既存のキッチンは北側にあってリビングと分かれた間取りになっています。キッチンは日当たりの良い南側に移動して、家族の団欒が生まれるLDKを作って欲しいです。
・本家なので親戚が来る事が多い。時には沢山の料理が一気に作れる広いキッチンが欲しいです。
・子供の写真や観葉植物を飾れる場所があればいいな。
・中学生になる娘と一緒に料理が作れる広さが欲しい。
・ごみの収納場所を作って欲しい。
・買い置きが出来る大容量の収納庫が欲しい。
・学校のプリントを貼れる場所を作って欲しい。
・システム収納にして余計な家具を置きたくないです。。

●プランニングのキモ
・キッチンは現在の北側から南側に移動し、居間と応接間を一緒にしてLDKを作ります。
・キッチンと組み合わせた大容量のシステム収納を設置します。親戚用の食器類や買い置きの収納庫としても十分な容量とします。
構造上必要な柱と耐力壁を、大画面テレビの設置場所にして、収納を組み合わせながらご家族の写真が飾れる場所を作ります。
・学校のプリントなど雑多なものを貼れる場所を耐力壁の裏側に設置します。


リフォームしてスマイルになったこと

・白いキッチンをシンプルなままに飾るのが夢でした。子供の写真を飾るスペースも作って頂いて、これを見ながら子供が小さかった頃の話を聞かせています。自分の夢のキッチンが出来て、観葉植物を飾ったりしながら、ダイニングテーブルでぼんやりしてるときもあったりします。

・娘がおやつを作ってと話したら、「一緒に作りましょ!」って誘います。前のマンションのキッチンでは出来なかった事ですね。

・キッチンはお母様と一緒に使っていますが、沢山収納を作っていただいたので、お母様の収納場所を決めて使って頂けています。お母様はあまりしまわないタイプ、私はシンプルにしたい、と違いがあって設計のときに随分と配慮頂きましたが、大丈夫です(笑)


施工前【before】

 

もともとあったキッチンは
北側の暗い場所にありました。

 

南側の居間は使われて
いませんでした。

 

施工後【after】

ホワイト基調で仕上げられたLDK。


仲の良いご家族の憩いのスペースが完成しました。

大型の対面キッチンで親戚の集まるときでも困りません。


南側の採光の良いエリアをリビングとしました。

背面収納もたっぷりで大人数が集まっても大丈夫です。


対面キッチンの下側も大きな収納場所となります。

親戚が集まっても楽しく料理できます。
食洗器も設置しました。


耐震壁を活用したテレビ収納は、お子様の小さい頃の写真を飾ります。ご家族の中の良さを感じます。

レンジフードの前も奥様がデコレートされています。


マグネットを貼り付けられる電話スペース。
プリントなどを貼っています。

お母さんと娘さんが一緒に
キッチンに立つ事が多くなりました。


リフォーム後の生活スタイルの変化

・これまでマンション住まいで、狭いのが当たり前のキッチンでした。でも、それで家族の絆があったからそれはこれからも大事にしたかったんです。リフォームしてキッチンが広くなったけど、子供の宿題や勉強道具は対面キッチンのリビング収納に入れているんですよ。「ご飯の前にここで宿題をする」これがうちのルールです。子供は部屋にいるよりここにいるほうがやっぱり多いですね。

・夫の実家に親と同居することになって、お盆やお正月に沢山の人を迎える事を心配していました。でも、今年のお盆を経験して、広いキッチンは本当に便利だなぁって実感しています。親戚と一緒にお料理を作ったり自然に出来るんです。

お客様情報

お施主様名
性別男性
年齢20歳代
住宅戸建住宅

その他新着事例(受賞)

もっと見る

ページトップへ戻る