青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

HOME > リフォーム提案
株式会社北奥設備 店長ブログ
北奥設備 しあわせ工房店長 北向 秀幸
リフォームしあわせ工房 店長北向秀幸

お客様の立場に立って考える事。簡単な様で難しいです。お家のお困りごとを理解して、最後の最後まで考え抜き、手をつくす。この人と出会えて良かったと感じて頂き、一生のお付き合いができるよう心掛けています。

『リフォーム提案』カテゴリーの投稿一覧

北国のリフォームで必須の断熱リフォーム

先日より入っている断熱改修のリフォーム現場の様子です。すでに4月も終わりで少し熱い位の時間帯もあるのですっかり冬の寒さを忘れてしまっています。
こちらの方はとても寒くて冬は家の中にいるのがつらい位の状況でした。
そこで、とにかく断熱に力を入れる事を考えてリフォームをしています。

様々な種類の断熱材を使っています。
理由として、1つの断熱材ではカバーしきれない内壁の状況がある事
断熱材はパネル系と繊維系を主に使っていますが、どちらにも一長一短があり使い分けで最大限の交換を発揮する事です。

壁はグラスウール

壁がグラスウール100mmですが、外壁側は100mmでもより高密度のものとしています。

床用断熱材は、フェノール系パネル断熱材 ジュピー

床はパネル系断熱材にしています。やはり床下からの冷気が一番住んでいる方にこたえるはずです。
ジュピーは同じ厚みの断熱材では最も高性能なものとなります。
値段は上がってしまうのですが、住み心地に直結する素材になりますから、見えなくなる断熱には予算を頂きたいところです。

天井用グラスウールを敷き詰めました

天井用のグラスウールは厚みが155mmもあります

天井のにはグラスウールを充填しますが、実は壁よりも天井用のグラスウールの方が厚みがあります。

ウールブレス

断熱されていない場所に充填しました

これはイレギュラー的な利用をしました。以前のリフォームで断熱欠損が生じていた場所がありましたが、グラスウールでは綺麗に出来ない場所があったため、そこにウールブレスを入れました。ウールブレスの良さは、そのままで充填しても湿気の影響を受けない事です。
また、柔軟性が高いので小さなスペースでもきっちり断熱できます。

引き戸の扉の裏側も断熱します

引き戸の裏側は柱の厚みと同じ厚みのスタイロフォームにて充填します。壁の仕上げの中にぴったりと収まるので性能を発揮するはずです。
ちなみに上に貼っているのはグラスウール100mmです。
ここはグラスウールの方が充填しやすいのでこのように適材適所で張り分けします。

このように一つの現場でも断熱材を使い分けています。真冬になって「全然違う」と言っていただけるように頑張ります。

リノベーションという選択肢

前回のブログで他社様との交流会を定期的に行っていると言う事を書きました。そこで今回取り上げたのは「リノベーション」です。
リノベーションとは、リフォームと何が違うのか、ご説明をしたいと思います。

〇家をよみがえらせるリフォーム=リノベーション

一般的なリフォームでは
トイレ交換や洗面所交換などの設備器具交換リフォーム
外壁や屋根を修繕する塗装リフォーム
クロスなど内装を貼り替える内装リフォーム
カーポートや風除室を付けるなどエクステリアリフォーム
など単業種での工事や、

設備機器の交換に合わせて配管まで新しくする
水廻りの交換に合わせてその位置を変えるなど間取りの変更も行う
外壁や屋根を修繕する際に貼り替えまで行う
などの複合業種での工事までを含みます。

これらのリフォームと違いリノベーションとは構造や断熱など家の性能を強化する工事の事を言います。古い家を壊して建て直してしまうのではなく、それを生かしながら生まれ変わらせる事で新築と同様の安心や暖かさと言った住み心地を達成しようとするものです。

その為、リノベーションには

・耐久性と耐震性能を上げるための構造の補強
・温かさと省エネルギー性を上げる為の壁、床、天井の断熱工事
・劣化対策の為の雨漏り、湿気など家にダメージを与える要因の解決
・家の傾きなど土台、基礎構造に関わる修繕
と言った家のリフォームでは取り扱わない家の基本性能に関わる工事が重要になります。

〇リノベーションで出来る事
リノベーションでは新築と同様に家を生まれ変わらせることが出来ます。
1.家の基本性能を上げる
・耐震性能を上げるための構造の補強
・温かさと省エネルギー性を上げる為の壁、床、天井の断熱工事
・劣化対策の為の雨漏り、湿気など家にダメージを与える要因の解決
・家の傾きなど土台、基礎構造に関わる修繕

2.家族の暮らしやすさに配慮した空間づくり
・壁の位置を変更する事による間取りの変更
・増築、減築による建坪の変更

3.新しい設備機器への入替
・水まわりの設備機器
・冷暖房の設備機器

4.家の外観を綺麗にする。
・屋根塗装、外壁塗装など家の外観に関わるリフォーム

リノベーションについていろいろとご説明をしましたが、リフォームの範疇を超えた家そのものの工事というイメージです。
したがって、リノベーションについてご提案をするときには、この家の寿命を延ばして次世代に繋げるという事もありますので、ご家族の今後についてお聞きする事があります。
家が古くなってきた場合、建て替えという選択肢だけではなく、リノベーションという選択肢もご検討をされてはいかがでしょうか。

暖かい家は命に関わる大切な要件

毎月購読をしている日経ホームビルダーという住宅建築の専門誌があるのですが、その記事をご紹介したいと思います。
記事では、寒い家が高齢者に与えるリスクについての発表の記事でした。
(以下の資料は、日経ホームビルダー3月号からの出典)

年齢が上がると血圧の上昇リスクが上がる事

年齢が上がると血圧の上昇リスクが上がる事

このグラフは、年齢が上がると朝の血圧上昇のリスクが上がると言うものです。
朝は体が水分不足になっている事もあり血圧が上がりやすいわけですけれども、それに加えて年齢が上がるとそのリスクも増えると言うものです。

・血圧の上昇は年齢が上がるほど大きくなる ・室温が低いとお風呂は熱めの温度に入る傾向にあること

・血圧の上昇は年齢が上がるほど大きくなる
・室温が低いとお風呂は熱めの温度に入る傾向にあること


このグラフは、室温が低い家ではより熱いお風呂に入りたくなる、という傾向を示したものです。
これは面白いなと思ってみております。

と言うのは、寒い家で体が冷えていると自然と熱いお風呂に入る習慣になってしまうという事ですね。
当然ヒートショックのリスクは増えるだろうと予測されるわけで。

暖かい家を作る事は全てに優先するのだとあらためて思います。

水回りフルリフォーム完成写真

本日午前中にお客様宅を訪問し、昨年末に完成した現場の撮影に行ってまいりました。
完成後少し経っておりましたが、完成直後は殺風景な感じも、少し生活感が出てきてます。
このようにお伺いするのは、完成後生活してみてのご感想や、体感をお聞きしたり、自分で感じることが目的です。

・トイレ
既存のトイレは家の一番奥にあったのですが、使い勝手が不便なため、家の中央部に移動しました。
小便器と大便器は二つ使う事はないので、という事で、大便器のみ設置しました。

リフォーム前

小便器と大便器が分かれていますが二つにする必要性は感じていないとの事

小便器と大便器が分かれていますが二つにする必要性は感じていないとの事


リフォーム後
脇の入口をつぶしてトイレスペースに。珪藻土仕上げ

脇の入口をつぶしてトイレスペースに。珪藻土仕上げ

・洗面脱衣場
以前は洗面台は家の一番奥にあり、浴室の脱衣場が無く、廊下で着替えをしている状態でした。
浴室の隣に1坪の洗面脱衣室を設けました。
壁仕上げは珪藻土仕上げにしています。

リフォーム後

十分な広さの洗面脱衣スペース。珪藻土仕上げ

十分な広さの洗面脱衣スペース。珪藻土仕上げ

・お風呂
タイル風呂をユニットバスに交換
家の中央にありましたが家の一番奥に移動し、洗面脱衣室を設けてつなげています。

リフォーム前

寒いタイルの浴室

寒いタイルの浴室


リフォーム後
TOTOサザナ 窓はドレーキップ窓にしています

TOTOサザナ 窓はドレーキップ窓にしています

・キッチン
キッチンの間取りは変更していませんが、サイズは小さくしました。
既存のキッチンのサイズが大きすぎので、小さいサイズにすることで、脇に食事スペースを作る事にしました。
それまでは食事用のテーブルが置いてありましたが、これでコンパクトにまとまります。
階段下の収納スペースは廊下がわから使えるようにしています。

リフォーム前
P5150256

2016-10-01 11.32.09

2016-10-01 11.31.56

古くて収納力のない流し台。お客様の身長に比べて低めです

古くて収納力のない流し台。お客様の身長に比べて低めです

リフォーム後

キッチンスペースの間取りは変わりませんが内装をモダンにしました。

キッチンスペースの間取りは変わりませんが内装をモダンにしました。

これから住まわれるご家族の食事スペース。

これから住まわれるご家族の食事スペース。

住宅ストック循環支援事業について

昨年の秋から行われているリフォーム等の案件について、国の補助金がある事をご存知でしょうか?

住宅ストック循環支援事業という補助金です。
いくつかの補助金の項目があるのですが、その中でリフォームに関連しやすい
”住宅のエコリフォーム”の内容をご紹介します。

************************
次の1~3のいずれか1つが必須となります。かつ、1~3の補助額の合計が5万円以上であることが必要です。
原則として、国の他の補助制度との併用はできません。

1.開口部の断熱改修※1※3(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)
2.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修※1※3 (一定量の断熱材を使用)
3.設備エコ改修※1(エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事)
【エコ住宅設備】太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

1~3のいずれかと併せて実施するA~Eの改修工事等も対象となります。

4.併せて対象とするリフォーム等
 A.バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
 B.エコ住宅設備の設置※1(1種類又は2種類の設置)
 C.木造住宅の劣化対策工事※2(土間コンクリート打設等)
 D.耐震改修※3
 E.リフォーム瑕疵保険への加入※3
************************

つまり、まず
1.開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)
2.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修(一定量の断熱材を使用)
3.設備エコ改修※1(エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事)
【エコ住宅設備】太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓
が必要です。

これらそれぞれで補助金の額が決まっています。
SnapCrab_NoName_2017-2-8_18-59-56_No-00
で5万円以上の補助金になるかどうかが決まり、それが5万円を超える場合には、
加えて
4.併せて対象とするリフォーム等
 A.バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
 B.エコ住宅設備の設置(1種類又は2種類の設置)
 C.木造住宅の劣化対策工事(土間コンクリート打設等)
 D.耐震改修
 E.リフォーム瑕疵保険への加入
が対象となります。
これらの補助金の額は
SnapCrab_NoName_2017-2-8_19-2-22_No-00
となっています。
この補助金を受ける為には、事業者登録が必要です。
当社は事業者登録をしておりますので、申し込みが可能です。
ぜひご検討ください。

温度測定器サーモグラフィーを購入しました

このところ寒い日々が続いておりますね。
リフォームでのご要望でも一番多いのは、暖かくして欲しいと言う事です。

これまで工事をしてきましたけれども、今回その断熱工事の秘密兵器を購入しました。

サーモグラフィカメラ

サーモグラフィカメラ


サーモグラフィーカメラです。
このように温度差が色で分かるようになっています

このように温度差が色で分かるようになっています


電気器具が発熱しているのもわかります

電気器具が発熱しているのもわかります


この画面には瞬時に温度が表示されます。

窓の所が冷たいのがはっきりと分かります

窓の所が冷たいのがはっきりと分かります

このカメラを使ってどのような事に使えそうかと言いますと、
・既存の家での断熱が足りていない箇所が分かる
・窓の隙間風などが分かる
・部屋の中でどの部分が最も断熱で弱点になっているかがわかる
と言う事です。

寒さ対策をやみくもに打つよりも、目に見える形で対策を立てて行く事でより精度のある工事になるかと思います。

八戸市立西白山台小学校を覗きました

先週出張に行ってきた関係で今週はいろいろお伺いするところが多いです。
そんななか通ったのがここ
写真 2017-01-25 13 38 38
建築中の八戸市立西白山台小学校です。

こちらの工事に当社のスタッフも行っているようです。
この寒い中工事をされている方々、お疲れ様です。
内部が少し見えていますが、かなり今風の・・・小学校のようです。

私は八戸市立根城小学校の出身ですが、通っていたころの校舎は耐震補強をしながらいまだに現役です。
40年経ってもまだ使えるものなのだと驚きますが、地盤がしっかりしておれば、躯体補強や水回りの改修で、
まだまだ生かせるようです。

家のリフォームでも同じことで、資産として価値が無くても、建物として十分機能するものであれば、
リフォームして住み続けるというのもありだと思います。
その際心配になるのは建物の目利きだと思います。

昨日お伺いしお客様から、
「どのくらい建物は持つのですか?」と建てたときに大工さんに聞いたら、
「25年くらいしたら新築したら?」とお話していたのとの事。

そのため今回もリフォームにするか建て直しをしなければならないか迷いました、とお話をされていました。
建物を見る限りでは、全く問題が無く、まだまだ使えます。

その場合には、
今後どなたが住まわれるのか?
どのくらい住まわれるのか?
と言う点が大切になります。

むしろ長い年数を住まわれる場合に、リフォームのメリットが出来てきます。
古い住宅は、いわば減価償却が終わった状態ですから、資産価値としては無くとも、
住むための機能は十分に確保されている場合もあります。
その場合にはリフォームの選択肢も出てくるわけです。

そのあたりの考え方をお聞きになりたい場合にはご連絡を頂ければ、
当社がどのようにして建物の性能を上げていくのかお伝えします。

水道の凍結破損をリフォームで改善する

本日はトイレリフォームの現場二日目でした。
今週に入っても日中マイナスの気温が続いていますね。
お昼から家を温かくしたいとのご要望のお客様にお会いするために河原木に。

その帰りに昨年河原木で浴室と洗面所のリフォームをさせて頂いたお客様宅に様子伺いに行ってきました。

このマイナスの気温が続いている状況でのリフォームの結果を確認するためです。具体的には
・凍結しないか
・窓の結露が生じていないか
という事です。
こちらの家もリフォーム前までは、水下げをしないと必ず凍結してしまう。
お風呂と洗面所が寒過ぎる。結露もする。という状況でした。
お風呂はタイル風呂でしたし、窓はジャロジー窓の為空気の流れが起きてしまい、結露が起きてしまいます。

お伺いして状況をお聞きしたところ、
水下げをしなくても凍結はしていない。
結露は起きていない、
とのお話でした。

暖かいユニットバスになりました。

暖かいユニットバスになりました。


洗面脱衣所は珪藻土仕上げとしました。冬の寒い時期でも窓を開けずに乾燥されます。

洗面脱衣所は珪藻土仕上げとしました。冬の寒い時期でも窓を開けずに乾燥されます。


洗面所の窓はジャロジー窓で冬は隙間風が大変冷たいです

洗面所の窓はジャロジー窓で冬は隙間風が大変冷たいです


ジャロジー窓の開け閉めは出来ないと困るのですが入って来る風を防止するために内窓を取付。窓枠をふかしてこの幅に合う樹脂製内窓を設置。ジャロジーのハンドルは回せるままです

ジャロジー窓の開け閉めは出来ないと困るのですが入って来る風を防止するために内窓を取付。窓枠をふかしてこの幅に合う樹脂製内窓を設置。ジャロジーのハンドルは回せるままです


ジャロジー窓を外す工事をすると予算が多くかかってしまう事を考え、内窓で対応をしたのですが、
断熱窓(ガラスの代わりに樹脂パネル製)とは言え、普段使っているLOW-Eガラスではないため少々心配をしていました。

が、大きな問題にはなっていないようです。
理由として、上げ下げ窓にしたことで気密性が保たれている事、
(外気が少しでも流入する隙間があるとそこが集中的に結露します)
があったかと思います。

水道が凍らない事も対策のプランをしたとは言え、やはり実際凍っていない事をお伺いして聞けてほっとしました。
想像以上に床下調湿工事の性能アップはあるようです。

洗面所の床下調湿工事を行いました。床下の結露や寒さはこれで防げます

洗面所の床下調湿工事を行いました。床下の結露や寒さはこれで防げます

リノベーションの現場見学

先週後半から大分県出張しております。
友人のリフォーム会社様で行っているリノベーション(フルリフォーム)の現場見学です。

大分県は九州ですから暖かいと思われるかもしれませんが、実は雪も降ります。
特に見学をさせて頂いた現場は別府市にあり、大分市内より寒い所です。

もちろん青森の寒さに比べれば比較にならないのですが、暖かくするためにする事は同じですので、
参考になります。
P1200034
上から見ると左の足場が立っている建物が今回の現場です。
右に見えている平屋の建物がもともとの建物です。
実に築年数40年。正直なところ右の建物を見ると
「これをリノベーションするのは大変だろうな」と思いました。

サッシは木枠、基礎は不定形な場所がある、屋根はセメント瓦と
40年前のレベルで作っているからです。
左のリノベーションの現場は大工工事がかなり仕上がってきており、
内部の間取りがほぼわかる状態になっていました。
P1200026

P1200028
断熱の方法やサッシの仕上げ方、など参考にしています。

その後はこちらの会社様のリノベーションモデルルームの見学に。
P1200001

P1200011

P1200018

P1200025

築40年のぼろぼろの家をリノベーションして素晴らしい家になっていました。
窓の使い方による採光の取り方、杉無垢材フローリング、珪藻土の壁仕上げ、杉無垢の建具など参考になる点が数多くありました。
特に採光の点ですが、この写真の状態で一切照明を使っていないのです。

今年はリノベーションの現場もお話を頂いておりますので、
今回の視察を生かしたいと思います。

ユニットバスだから暖かいとは限りません

先週のはじめは凍結で破損する現場に数多く対応しました。
その中で、ユニットバスの水栓が凍結破損した現場もありました。

凍結をしたという事は、ユニットバスの中がマイナス0度以下になったという事ですし、
その状態が長く続いて凍結破損をしてしまったわけです。

水栓の左の温度調節バルブから凍結破損の漏水あり

水栓の左の温度調節バルブから凍結破損の漏水あり

状況確認のため水栓の下側を開けてみると、風がビューっと入ってきました。
写真 2017-01-16 17 44 27
ユニットバスの下は土の土間になっており、基礎の換気口から入った風がユニットバスの下まで流れ込んでいます。

ユニットバスは構造上パネルの組み立て式になっており、ユニットバスの中から外に水が出る事は無いのですが、風は床下からユニット内に入り込んできます。
したがって、外が氷点下であればユニットバスの中も氷点下になります。
ユニットバスだから暖かいとは限らないというのは、そう言う事です。

そのため、当方ではユニットバスの下を完全にふさいで、
さらに床下の湿気を調整する珪藻土を敷きこむことにより、乾燥状態にします。
2016-12-12 11.22.582016-12-20 09.53.19
このやり方でユニットバスの下に風が入り込むことが無くなります。

実体験から言うと、床下に風が吹き込まなくなっただけで、水道の凍結はしません。
昨年末に完成したお客様のご自宅に先日邪魔しましたが、この寒さでも水抜きはしないそうです。
でも、凍ってません、とびっくりされてました。
「さすが」とお言葉を頂きましたが、長期不在にしない限り凍ることはありません。
(長期不在でも恐らく凍りませんが)

床下の寒さについては私自身が実体験がありますのでよく分かります。
7年ほど前にトイレリフォームをさせて頂いた方で、
「せっかくリフォームをしたのに凍る」とのご指摘があり現地に行くと確かに凍っていました。
凍っているのは水栓側のようです。と言う事はトイレ内が氷点下になっていると言う事です。
壁断熱と床断熱をしているのですが、普段は暖房は入れていませんでした。
現地について、トイレ周りを調べて、しばらく外に立っていたのですが、吹き付ける寒風で寒くてしょうがありません。

そして気が付いたのです。もしかして「風ではないか?」と。
リフォームした基礎はかつて増築をされていた部分で、基礎と土台の間は基礎パッキンで仕上ていました。
基礎パッキンとはこういうものです。
基礎パッキン
つまり、基礎と土台の間にゴム状のシートを挟み込み、このため基礎と土台の間に隙間が出来る事で換気口の代わりに通風を確保するものです。
基礎パッキンは浮いている部分全部が隙間になるわけですから、とても良く通風します。
しかし、冬でも北風がビュービュー床下を通るわけですから、本当に床下が寒くなります。
もしかしたらと思ってこの隙間を断熱材で埋めてみたら、凍結しなくなりました。
家の寒さは床下からと実感したのはこの体験からです。

水回りのリフォームではあるのですが、単に器具交換で終わるのではなく、
そのような付加価値もつけられると良いと考えています。

キッチン脇に食事スペースを作りました

キッチン脇に食事スペースを作りました


洗面化粧台と洗濯機、物入れのスペースをぴったりに配置しました

洗面化粧台と洗濯機、物入れのスペースをぴったりに配置しました


珪藻土仕上げのトイレ

珪藻土仕上げのトイレ

リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞

スタッフまでお気軽にお問合せください。フリーダイヤル0800-600-7011 受付時間 9:00~18:00(年中無休)

  • 無料お見積り
  • 無料相談
株式会社 北奥設備 会社概要

店長日記カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 店長日記カテゴリー

  • Reformation plan

    • リフォームまでの流れ
    • 青森県八戸市リフォームしあわせ工房 店長ブログ
    • リフォームしあわせ工房 現場日記
    • リフォームしあわせ工房 珪藻土の魅力を発信「しあわせ珪藻土ライフ」
    ページトップへ戻る