青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

HOME > バリアフリー > 手すり > 階段手すり取付
2015.07.28[更新]

階段手すり取付


2階に寝室がある為、毎日階段を上り下りしています。既存の手すりを使用していますが、現場で調査をした結果、階段は急な勾配であること、既存の手すりの高さが使う方にあっていないこと、長さが十分でないこと、既存手すりが安全な取付ではないことが分かりました。既存の手すりを撤去し、上り下りの際、利き手が主になるよう、両側に手すりを取り付けることにしました。

ビフォー


P5180008 - コピー

既存の手すりがついていますが、使う方の高さにあっていません。また、一部固定が不安定な場所がありました。

この状態で使用し続けることは、非常に危険です。

アフター


2015-07-07 09.51.34

階段両側に手すりを取り付けました。

お困りごと

2階に寝室があるので、毎日階段の上り下りをしていますが、手すりの高さがあっていない。今ついている手すりの反対側に、手すりを取り付けたい。

解決策

既存の手すりは、高さ・長さともにお客様にあっていませんでした。また、一部下地にビスが留まっておらず、使用するには大変危険な状態でしたので、撤去します。

新たに階段両側に手すりを取り付けます。下地がない部分は補強板で補強しながら固定します。

階段下位には、数段の螺旋階段がありますが、上りはじめ部分と、螺旋階段を上った部分に縦手すりを取り付けます。螺旋階段によって体と手が回転します。回転によって、体の向きが変わり、次の手すりをつかむまで距離が出来てしまうので、それを補うために2本目の縦手すりが必要になります。

担当者より

せっかく手すりがついていても、使う人に会っていなければ役には立ちませんし、危険な場合もあります。手すりを取り付ける際は、お客様に立ち会っていただき、丁度良い高さや長さ、使いやすい場所などをお聞きしながら取り付けています。

お客様情報

お施主様名八戸市根城 M様邸
性別女性
年齢70歳代
設備アロン化成安寿 手すり
住宅戸建住宅

リフォーム後のお施主様の声

リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞
ページトップへ戻る