青森県八戸市のリフォーム専門店 (株)北奥設備リフォーム事業部 リフォームしあわせ工房 施工エリア:八戸市 階上町 五戸町 三戸町 南部町 新郷村 おいらせ町 三沢市 十和田市 六戸町

HOME > バリアフリー > 手すり > トイレ手すり取付
2015.08.12[更新]

トイレ手すり取付


数年前に当店で手すりを取付けられたお客様。以前は片側だけに取付ていましたが、それだけでは不安な状態になり、福祉用具を借りていました。しかし高さなどが合わず、使っていないとのことでした。もう片方にも同じように手すりを取付けて、両側に力が入るようにすると良いのではないかということで、ご依頼を頂きました。

ビフォー


2015-06-18 13.52.41

以前取り付けた手すりと、福祉用具を使用していました。 福祉用具ではうまく力を入れることが出来ず、立ち座りが不安定になっていました。

アフター


2015-07-24 11.40.43

既存の手すりと同じ形で手すりを取付けました。左右均等に力を入れることが出来るようになります。

お困りごと

数年前に当店で手すりを取付けました。当時のご主人様のお身体の状態では片方の手すりで良かったのですが、段々に便器にドシンと座るようになりました。福祉用具を借りて、両側で体を支えるよう試みましたが、ご主人様の使い方と合いませんでした。この状態が続くと、ご主人様の体に悪いのではないかと心配されていました。また、便器が割れてしまうのではないかと心配していました。

解決策

奥様より、片側の手すりだけだと上手く力を入れることが出来ないのでは、というお話でした。便器に勢いよく座っているので、両側にバランスよく力が入って体を支えられる状態を作ることが出来れば、体に負担なく座ることが出来るのではないかと考えました。奥様のお話から、両側に同じ形の手すりを取付け、移動時も両側で体を支えられるようにしました。

担当者より

手すりは、取り付けた当時の状態に合わせて取付を行います。ですので、ご使用者の体の状態が変化をすると合わなくなってくる場合があります。その場合は、手すりを追加したり、撤去して取り付け直したりする必要が出てきます。ご使用者の安全が第一で、ご使用者にとって有効に機能していなければ手すりは飾りになってしまいますので、ぜひ身近にある手すりを確認してみてください。

お客様情報

お施主様名八戸市八幡 I様
性別女性
年齢70歳代
設備アロン化成 安寿手すり
住宅戸建住宅

リフォーム後のお施主様の声

リモデルスマイル作品コンテスト 全国入賞
ページトップへ戻る